業務系システム開発・コンサルティング20年の実績 パッケージソリューションの株式会社プレジャ

コンプライアンス対策支援

  • HOME »
  • コンプライアンス対策支援

コンプライアンス対策支援

「コンプライアンス体制構築」のためのコンサルティングをご提案

「コンプライアンス体制構築」のためのコンサルティングをご提案

内部通報制度をはじめとする「コンプライアンス体制構築」のためのコンサルティングをご提案させていただきます。
後を絶たない情報漏洩事故から、システム内の情報資産全体を網羅するISMS(ISO27001)の構築や、上場企業においては内部統制という枠組みで、個人情報の保護構築、システムも含んだ情報資産全体の保護構築が求められております。
保護体制・管理体制を強化しない企業を深追いすることは、止めようという気運が高まっております。

プライバシーマーク、ISMS、内部統制等の構築、および構築後の運用において

プライバシーマーク、ISMS(ISO27001)や、内部統制の構築に当たり 現在運用中のシステム面の見直しや改善を 図らなければならないといった問題に直面することがあります。
またプライバシーマーク、ISMS(ISO27001)内部統制の構築後の運用においては、日々の業務の中、これらのマネジメント・システムは常に 「計画→実施および運用→点検(監査)→見直し(改善)」(P→D→C→A)といったことを繰り返し実践する
ことにより、 継続的な改善が求められております。 このような運用中にも、システム面の見直しや改善の必要性が出てくることもあるでしょう。

プライバシーマーク、ISMS(ISO27001)の取得支援

取引先企業や親企業、更には官公庁の入札において管理体制・保護体制を尋ねられる

プライバシーマーク、ISMS(ISO27001)の取得支援

プライバシーマークやISMS(ISO27001)は取引先企業の選定基準の尺度となることがあります。
また、取引先がプライバシーマーク取得済み企業の場合、プライバシーマーク制度は“委託先の管理・監督”を義務付けているため、委託先に対しては厳格な保護体制を求めてきます。
情報保護管理体制を関係当局に説明するには、プライバシーマーク、ISMS(ISO27001)の認証取得事業者であるか否かを言及することで全てが達成できます。また内部統制の構築についても同様のことが言えるでしょう。 勿論、管理体制・保護体制の整っていない企業は不利な扱いとなります。